10月からのメダカとミナミヌマエビの飼育

サイト内検索

もうすっかり秋になり、私の環境では今日の朝の水温は屋外水槽で15度になりました。

屋外飼育では、もう冬の準備が必要な時期になってきましたね。

一日3回あげていた餌もしばらく前から2回に変えましたが、それでも餌の食い付きが明らかに悪くなってきました。

スポンサーリンク

まだまだ産卵するメダカもいますが、しばらく前から採取を止めています。

ヒーターを使える環境の人はまだまだ大丈夫でしょうが、私の場合ヒーター設置の水槽は無いので限界と感じ、最近は卵は採取していません。

最近やったことは、ウィローモスのカットと巻き付けと水草の手入れ、底砂の掃除といった水槽のメンテナンスです。

今やって、後は水替えも何もなし(水足し位はします)でいくので冬前の最後のメンテナンスって感じですね。餌を食べなくなってきた頃からのメダカ達は水質を悪化させることも少ないので、今後は暇な時期になります。

これからメダカ達が活動を停止してしまう前の今、やることをやって置き、ある程度の汚れを残して冬に向かうことが大切なんですよ。

そうすればメダカ達と水草たちで何とか冬を乗り切ってくれます。

必要以上に手を入れず、放置することでメダカやミナミヌマエビ、水草等が丈夫で元気に育ってくれるんです。

私たちのやることは、最低限のメンテナンスで済ませ、放置することでメダカやミナミヌマエビが元気になるなんて、素敵だと思いませんか?

でも、それがメダカ達と付き合う秘訣なんですよ。

私も、もう少ししたら餌の投与を止める予定です。

スポンサーリンク

冬場を餌無しで乗り切れる環境は作ってありますから、みんな十分に生き抜いてくれるはずです。

ちなみに、今現在の状況は、爆発的に増えたドワーフフロッグビットとアナカリス、ウィローモスに手を焼いています。

メダカとミナミヌマエビも同様に里子に出しても出しても、減りませんでしたが、さすがにこの水温なので落ち着いてくれるでしょう。

ヒメタニシは、順調に増え、1cm位の個体がウロウロしています。

今年は子供を増やすため餌を与えて増やす飼い方を実践してきましたが来年は屋外飼育で餌も与えず自然に任せる飼育方法を実践していきますね。

偉そうに言ってますが、現在の環境の個体数を減らすだけだったりします。(^^;

メダカ達のためにも、飼育方法は基本放置でいきましょう。

スポンサーリンク

メダカ関連コンテンツ

モバイル環境で閲覧している方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用閲覧メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

このページの先頭へ