なんだか夏も終わっちゃった感じですね。

メダカ水槽の水温も20度を切る日が何日かありました。

メダカ達は今日も産卵してましたが、そろそろ産卵ラッシュも終わりなんでしょうね。

皆さんの家のメダカも餌の食い付きが落ちてきていると思います。

真夏の頃のように餌を与えてしまうと、水質の悪化に繋がるので注意が必要な時期になりました。

メダカ達にとっては、水温の上昇も無く過ごしやすい良い時期でもあります。

そして、一番知っておいてほしいのは、屋外飼育の場合、生まれる稚魚の越冬ギリギリラインだということです。

この時期あたりを境に稚魚達が冬を越せない可能性が高くなります。

水温低下の前にある程度育っていない稚魚は体力的に冬を越せません。

室内飼育の場合は、飼育環境により差があるので何とも言えませんが、屋外飼育の方は今後の稚魚の飼い方を考えなくてはいけません。

ある程度の温度が保てる室内飼育なら、これから生まれる稚魚達も越冬できる可能性はかなり高くなります。

ですが、屋外での飼育だと、これからの低水温飼育では成長も遅く、冬を越せる体にならないんです。

9月からの稚魚の飼育

メダカは太陽の光が大好きなので、昼間は外においてやり、夜は室内で温度を保つ。

これができるのであれば、十分冬までに体力をつけて越冬も可能です。

ただ、小さいうちはいいですが、ある程度育ったメダカの子供は、ある程度の居住スペースを要求します。

ですが、室内の水槽には親メダカもいるし、そうそう子メダカ達の居場所を室内に確保できない場合が多いと思います。

そんな時、お勧めはバケツ飼育です。

バケツでの飼育は移動が楽で場所もさほど取りません。

昼間は十分に太陽の下に置いてあげ、夜はある程度温度の確保できる場所に置いておく。

寒くなった時期のメダカは餌もあまり食べず水質の悪化も少ないです。

今後生まれたメダカの稚魚達は、バケツ飼育で冬を乗り切るのもいい方法だと思いますよ。

もちろん、十分な飼育設備があるのなら、バケツなんて考えなくても良いですけどね。

メダカは繁殖力が強いので、いざという時の参考に考えて下さい。