メダカの産卵床にはホテイアオイが一番

サイト内検索

我が家のビオトープのメダカ達の産卵はとても順調で、クロメダカ・楊貴妃・シロメダカ・ヒメダカ全て産卵を開始しています。

屋外飼育でのメダカの産卵床に一番適しているのは浮草ホテイアオイではないでしょうか?

安定して卵を産み付けてくれているのが採取していると良く解ります。

スポンサーリンク

ホテイアオイは強い太陽光を必要とするので屋外水槽限定ですが独特な根の形状からメダカ達は好んでホテイアオイに卵を産み付けてくれます。

アクリル糸で産卵床を自作したりもしているのですが、ホテイアオイの産卵床としての安定感にはとてもかないません。

我が家の屋外水槽も浮草の成長・繁殖が進み徐々にビオトープらしくなってきています。

5月の楊貴妃ビオトープ

楊貴妃と赤ヒメスイレンビオトープ

このビオトープには ナガバオモダカ(メダカ喜ぶ水草)の鉢も入っています。

画像では左隅に切れてしまっていますが、ナガバオモダカの葉も元気に伸びてきています。

この水槽はドワーフフロッグピットが良い感じに繁殖しています。

今のところ、ここの楊貴妃が産卵数が一番多いです。

5月のシロメダカビオトープ

シロメダカと黄色ヒメスイレンビオトープ

ドワーフフロッグピットが増えすぎていますね。

黄色ヒメスイレンの葉も良い感じに成長しています。

このビオトープの中のミナミヌマエビに異様に大きい個体がいてヤマトヌマエビ並に大きいのが気になります。(^^;

全て我が家のミナミヌマエビ水槽で育てた個体なので、他のエビが混ざるはずはないのですが、ミナミヌマエビも大きくなるんですね。

5月のクロメダカビオトープ

クロメダカ(小川ブラック)と赤ヒメスイレンビオトープ

ここもドワーフフロッグピットが繁殖しすぎているので間引かないといけないですすね。

総評としてどの水槽も順調にビオトープらしくなってきています。

スポンサーリンク

メダカ関連コンテンツ

モバイル環境で閲覧している方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用閲覧メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

このページの先頭へ