性転換する生物として有名なのはクマノミですよね。

メダカもオスかメスばかりだと性転換すると言う話があります。

本当の所はどうなのでしょうか。メダカの性転換について調べました。

メダカの中に性決定遺伝子を発見?!

遺伝子の組み合わせによってオス、メスが変わる脊髄動物ですが、1990年にイギリスのシンクレア学者がSPY遺伝子が人の性別決定に関与していると発表しました。

2002年に日本の長濱嘉考氏の研究グループがメダカの性決定遺伝子DMY遺伝子を発表したのです。

ですが、メダカ属内でも少なく2種類しか存在しないようですね。

メダカがオスやメスばかり産まれてしまうのは性転換の仕組みで、水温が低すぎるのか、それとも高すぎるかによるみたいですね。

という事は稚魚の時に水温調節の仕方によってはオスメスの産み分けができるようになるという事です。

ですからもし、オスメスの産み分けをしたい!

という方は水温管理を徹底してもらえば大丈夫ですね。

メダカの大人も性転換できるのか?

一方の生殖腺だけをもつメダカが大人になっても性転換ができるのであれば、メスばかりしかいないという視覚的な刺激がある前提でオスに転換することがあるそうです。

ホルモンのコントロールによってメスからオスに、オスからメスに変化するのなら、メスばかりでも心配する必要は無さそうですね。

オスばかりだと大変かもしれませんが・・・。

メダカの繁殖を考えると、オスよりメスが多い方が断然有利なので。

そのメダカの生体を自分の目で確かめていないので、確信は出来ませんが、一度自分の目で確認してみたいメダカの生態ですよね。

追記・・メダカ緊急速報-性転換の記事にて私自身の水槽で性転換の確認を、発表しました。