メダカ飼育のためのバクテリアとパイロットフィッシュ

サイト内検索

今日は、魚達を飼育するために欠かせない、バクテリアとパイロットフィッシュについてお話します。

メダカに限らず、水槽立ち上げには、必須のことなので、覚えておいてください。

逆に、メダカなら要らないかもですが、観賞魚色の強い熱帯魚等では必要かも・・・

スポンサーリンク

バクテリアと水質

水質に関係するバクテリアとは、3種類います。

そして、3段階のバクテリア作用で、水質が安定します。

  • 魚→糞尿→バクテリア→アンモニア
  • アンモニア→バクテリア→亜硝酸
  • 亜硝酸→バクテリア→硝酸塩

硝酸塩の時点で水質安定となるのですが、硝酸塩も無害というわけではなく、また、水槽という閉ざされた環境では、溜る一方です。

そこで、定期的な水替えが必要になるわけです。

詳しく説明すると、魚達の糞尿(残り餌、死骸等含む)をアンモニアに変えるバクテリアがいます。

このバクテリアは、繁殖力旺盛で自然に幾らでも増殖しますので、私たちの水槽管理では、気にしなくていいバクテリアです。

そして、私たちが濾過バクテリアと呼んで、水質の面で気を使うのが、次の2種類のバクテリアです。

猛毒のアンモニアを餌にして分解し、亜硝酸という、まだかなり毒性のある物質に変化させるバクテリア。

そして、まだかなり毒性のある亜硝酸を餌にして分解し硝酸塩という、毒性の少ない物質に変化させるバクテリア。

この2種類のバクテリアが、水質管理で問題になるバクテリアです。

そして、濾過バクテリアは、増殖の傾向がとても遅く、水槽愛好家の頭を悩ませています。

でも、このバクテリアをきちんと育てないことには、水槽が安定してくれないんです。

魚類を飼うためには、絶対に避けて通れないお付き合いなんですよ。

では、このバクテリア達を水槽内に定着させるには、どうしたらと思いますか?

答えは簡単で、魚を飼うことです。

その話は、パイロットフィッシュのコーナーで詳しくするとして、水槽を立ち上げ、魚を入れた後の水槽内の水の状況を説明したいと思います。

水槽に魚を入れた後の水の状況

まず、水槽を設置し、多分水道の水を入れることになります。

ですが、水道水には、雑菌の繁殖を抑えるために、カルキという塩素が入っています。

その塩素は、水草は大丈夫ですが、魚達には、命取りなんです。

ここでは、カルキ抜きという薬品を使用しても良いですし、そのまま、1日から2日放置でも構いません。

カルキは、1日位で自然に抜けていきます。

では、カルキも抜けて、魚の住める水になったとします。

今現在の水は、塩素もなく、魚達を入れても、悪影響はないですが、バクテリアのいない水です。

そこに、魚達を入れます。

元気に泳いでるでしょう。(^_^)

これから自分たちに訪れる地獄も知らずに…

えーー!私が可愛がって、優しく育てるよー!

と言っている貴方!

今からお伝えする地獄絵図をしっかりと、覚えておいてくださいね。

  1. 水槽に入れられた魚達は元気に餌を食べ、糞、尿をします。
  2. 糞尿は、いくらでもいるバクテリアが魚達にとって猛毒のアンモニアに分解してくれます。
  3. ところが、この水槽の水の中には、アンモニアを亜硝酸に分解するバクテリアと亜硝酸を硝酸塩に分解するバクテリアは育っていません。
  4. 前にも言いましたが、この2種類のバクテリアは、増殖のスピードが遅く、なかなか育ちません。
  5. 水槽に入れた魚達は、猛毒に苦しみながら、次々とお亡くなりになっていきます。

今の話は水槽で魚達を飼ったことのある人なら、経験があるかと思います。

では、その地獄を再現しないための提案!ズバリ、パイロットフィッシュです。

スポンサーリンク

パイロットフィッシュ

パイロットフィッシュって言葉、聞いたことありますか?

なんだか、カッコ良さそうですよね。

パイロットフィッシュって、どの魚でどうやって購入するの?

と思われたあなた・・・

パイロットフィッシュは、どの魚とか、特別に購入する魚ではありませんよ。

水槽に貴方の飼いたい魚達を一度に入れた場合の地獄絵図を紹介しましたよね。

そうならないように、槽内の水を安定させるバクテリアを育てるために、比較的水質悪化に強い魚を最初に少数水槽に入れて、水質を安定させるための魚のことです。

ここはメダカ水槽なので、メダカ自体ががパイロットフィッシュになります。

快適に生活できる水質までの案内役!それがパイロットフィッシュです。

パイロットフィッシュは多すぎても少なすぎても、良くありません。

多すぎると、パイロットフィッシュとしての役目ができません。

少なすぎると、バクテリアの繁殖が伸びません。

バクテリアは何処にいるか

バクテリア自体は、普通に空気中等、何処にでもいますから、水槽内に餌があれば、そこに住み着き増殖します。

普通に、餌があれば、自然に住み着くものなんです。

  1. 魚の糞尿を餌に増殖するバクテリア→アンモニア
  2. アンモニアを餌にし増殖するバクテリア→亜硝酸
  3. 硝酸塩を餌にし増殖するバクテリア→硝酸塩
  4. 溜まった硝酸塩→水換え

水質が安定した水槽では硝酸塩の処理だけなので水換えの頻度は少なくて済みますが、その前の段階までは毒素であるアンモニアや亜硝酸を薄めるために頻繁な水換えが必要です。

バクテリアが完全に機能し、メダカが住むために安定した水質になる目安は約1月半です。

糞尿をアンモニアに分解するバクテリアは、魚を入れた時点で早めに定着し増殖してくれるので、良いのですが、本来の濾過バクテリアと呼ばれる2種類は、増殖のスピードが、超ゆっくりなんです。

そこで、パイロットフィッシュが活躍するんです。

バクテリアの餌を排出させ、定着させるための、最初の魚の事なんですよ。

だから、小さい魚の場合は種類は何でもいいし、基本はこれから飼う魚です。

飼う魚が、特別に悪環境に弱い魚の場合、悪環境に強い魚を入れます。

これから飼う魚を最初に何匹か(水槽の大きさで変わります。)

泳がせておいて、水質を安定させるわけです。

特に、大きい魚の場合は小さい魚(パイロットフィッシュ)で水質を安定させます。

でも、水質悪化で死んでしまうことを前提は、可愛そう過ぎるので、死なない程度の少数を入れて、濾過バクテリアの育成を図るんです。

そして、晴れてパイロットフィッシュの役割を果たした魚達は、その水槽の主としての栄光を受けるんですよ。(ま、一番最初の魚なので、そうしときましょう。)

今回は、ここまでとして、次回は、バクテリア定着について、かきますね・・

スポンサーリンク

メダカ関連コンテンツ

モバイル環境で閲覧している方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用閲覧メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

このページの先頭へ