メダカ水槽の底砂の入れ方と量

サイト内検索

メダカ水槽の底砂

水槽で飼うにしろ、すいれん鉢や発泡スチロール箱やプラスチック容器等メダカの飼い方は様々で、色々な楽しみ方があります。

何で飼うにしても、一時しのぎに入れるのでなければ底砂は必要です。

底砂は、水槽の見た目も大いにありますが、何といってもバクテリアの住処になります。

水質の安定にも効果があると同時に、水替えの時の味方になります。

スポンサーリンク

水替えやフィルター取り替え時に少しでもバクテリアを残すためにも、底砂は入れましょう。

一般的には大磯砂利が多いみたいですが、カラフルな物等あるので、お好みで入れるといいでしょう。

メダカ水槽に入れる底砂の厚さ

水槽に入れる底砂の敷き方なのですが、私のブログでは、3cmを奨めています。

理由は、底砂によるバクテリアの温床効果は、表面から2cm~3cmという事。

多すぎる底砂は、水の循環が無いため、悪玉のバクテリアの発生により、

水質を悪化させる恐れがあることの2点です。

水草を植え付けるには、4cm以上が良いと言われていますが、私のブログでは、直植えではなく、石に巻いて沈める方法を推薦します。

水草のことは、また、別の機会に詳しくお伝えします。

スポンサーリンク

水槽に入れる底砂の計算方法

水槽に入れる砂の量って、解りますか?

ちょっと、悩みますよね。

しかも、紛らわしい事に砂って重さ売りの場合がありますよね。

砂の重さは、大よそですが、

  • サンゴ砂 1.3㌔L
  • 大磯砂利 1.5㌔L
  • 川砂    1.7㌔L

という感じになっています。

では、ここで、水槽に入れる砂の量の計算式を披露します。

厳密には、水槽のガラス厚を引くのですが、外形計算で十分でしょう。

横幅×奥行×砂厚÷1000=砂量 砂量×重さ=砂の重さ

例として45cm規格水槽に大磯砂利を3cmの厚さで計算してみますね。

45cm規格水槽については、メダカ飼育の水槽と水量のページを参照。

45×24×3÷1000=3.24L

45cm規格水槽に3cmの厚さの砂利を敷くには、約3L必要ということです。

砂は重さ売りなので、大磯砂利の重さ1.5Kを掛けます。

3.24L×1.5=4.86k

これで、大磯砂利4キロ~5キロ買えばいいという事が解りました。

また、砂の容量の参考として

  • 45cm規格水槽に3cmの砂厚で3L(4~5キロ)
  • 60cm規格水槽に3cmの砂厚で5L(7~8キロ)

こう覚えておけば、問題ないです。

砂は大雑把でいいと思うので、売っている規格で適当に購入しましょう。

スポンサーリンク

メダカ関連コンテンツ

モバイル環境で閲覧している方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用閲覧メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

このページの先頭へ