確実な迷惑メール対処法

サイト内検索

皆さん、こんにちわ。

7月19日に、メダカ日記のページの中で「Count per Dayどこ行ったー」という内容を書いたのですが、今日、もう復活したかなー!と検索をかけたところ「Count per Day どこいった」というキーワードでGoogle一位表示されてました。(^^;

このブログはメダカブログなので、何となく悲しいような複雑な気持ちに・・・。

スポンサーリンク

普段から迷惑メールを一杯送信してくださる稼ぐ系アフェリエイターさん達に、このキーワード良いよー!と教えてあげたいですね。(^_^)

そういえば、皆さんは迷惑メールの処理、どうしてますか?

特定電子メール法

現在は特定電子メール法が強化され、迷惑メールや広告メールの規制がかなり厳しくなっています。

迷惑メール相談センターのサイトに、メール送信者に対する禁止事項等詳しく記載されているので一度目を通しておくと、自分に来たメールが違法メールかどうか簡単に判断できますよ。

  • あらかじめ送信の同意を得た者以外の者への送信禁止
  • 一定の事項に関する表示義務
  • 送信者情報を偽った送信の禁止
  • 送信を拒否した者への送信の禁止

 以上の項目に違反した場合、総務大臣及び消費者庁長官は、送信者に対しメールの送信方法の改善に関し必要な措置をとるよう命じられます。

スポンサーリンク

送信者情報を偽って送信した場合や、送信者が命令に従わない場合には、1年以下の懲役または100万円以下の罰金となります。(法人の場合は、メールの送信行為者を罰するほか、法人に対して3000万円以下の罰金)

どうですか、かなり厳しい内容になっているでしょう。

そして、迷惑メールを見てみると、送信者情報を偽っていたり、表示事項に違反しているメールが多いことに気付くと思います。送信者情報はヘッター情報を全て表示するようにすると解ります。ヘッター情報の見方も、このサイトに載っていますよ。

そして、日本データ通信協会の迷惑メール相談センターがあり、迷惑メールや広告メールに対する相談や通報ができます。他にも、違反者への行政処分の実施状況等公表されています。

皆さんは、メールボックスの中が迷惑メールで一杯なんてことないですか?

違法メールや解除しても送られてくる迷惑メールは、どんどん通報しましょう。それがメールボックス軽量化の一番の近道かもしれませんよ。

スポンサーリンク

メダカ関連コンテンツ

モバイル環境で閲覧している方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用閲覧メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

このページの先頭へ