レッドチェリーシュリンプ水槽は寂しく豪華2

サイト内検索

こんにちわ!レッドチェリーシュリンプ飼育と繁殖日記2、ヒメスイレン日記40です。

前のミナミヌマエビの時は屋外で放置といった感じだったのであまり感じませんでしたが、今回のレッドチェリーシュリンプのように屋内のガラス水槽での飼育となると、どうしても観察というより鑑賞気分で見てしまいます。

スポンサーリンク

飼育水量約9Lの小さなガラス水槽ですが、3cm弱のレッドチェリーシュリンプ12匹だけとなると、とても贅沢な空間とよく見ると隅にたまにうっすら赤いエビがいるという豪華な気分の鑑賞になります。

水槽に慣れてくればダンスのように泳ぎ回る姿も見る事が出来るのでしょうが、今日見た時点では生きているのか死んでいるのか解らない位動きません。

ヒメダカを飼育していた時の苔も落とさずに再利用したので、餌も与えない放置飼育が基本(屋内飼育なので苔が足りないと感じた場合は給餌をします。)なので眺める事しかやることが無い。

レッドチェリーシュリンプ水槽

これがレッドチェリーシュリンプ飼育と繁殖日記の屋内ガラス水槽です。

繁殖目的の水槽としては、床面積が少なすぎる気がしますが頑張ります。

大きさは30×20×23cmで約9Lでの飼育で、昨日の立ち上げの時点ではアナカリスが入っていませんが本日入れる予定です。

ドワーフフロッグビットをフィルターの水流が巻き込まないようにプラ板で仕切りも作る予定です。

レッドチェリーシュリンプ水槽上から

レッドチェリーシュリンプ水槽を上から撮影してみました。

薄い赤いエビが何匹かいるのが見えるでしょうか?

レッドチェリーシュリンプのアップ

レッドチェリーシュリンプの特大アップのつもり・・・

私の撮影テクニックではこれが限界っぽく、とても残念です。

スポンサーリンク

ヒメスイレン日記40

久々に夏らしい晴れ方をした本日は朝7時から頑張って観察を開始しました。

でも、よく考えたら赤ヒメスイレンは今日6日目なので咲く確率は低く、黄色ヒメスイレンは変則な遅咲きなので意味は無かったようです。

朝一の黄色ヒメスイレンの蕾

朝7時:黄色ヒメスイレンの蕾は何時もの通り斜めに構えています。

水中に顔を出した謎の蕾

長らく沈んでいた謎の蕾?が水面に顔を出していました。

まさか咲く気なのか・・・

赤ヒメスイレン6日目の蕾

朝7時:いかにも咲きそうな元気一杯にみえる赤ヒメスイレンの蕾ですが、今日が6日目なので心配です。

開花をはじめた黄色ヒメスイレン

10時:黄色ヒメスイレン5個目、4日目の花が開花をはじめました。

開花した黄色ヒメスイレン

10時30分:綺麗に咲いた黄色ヒメスイレン。

明日の開花は微妙な所かも・・・

謎の蕾が開花した

なんと、この謎の蕾は7月16日に根元付近で発見してからすでに9日たっているのに本当に咲きました。

というか、謎の塊だったので、蕾だったことが証明された訳です。

凄い生命力だと感動!この後水中に沈みながら咲き続けました。

花の状態はこれ以上には開かず、その後水没しながらも咲いていました。

また、赤ヒメスイレンの6日目の蕾は、今にも咲きそうな雰囲気だけ出したまま咲きませんでしたが蕾は元気そうな状態を維持しているのが不思議です。

ヒメスイレン開花記録データをアップしたので参考にしたい人はどうぞ。

スポンサーリンク

レッドチェリーシュリンプ飼育と繁殖日記

メダカ関連コンテンツ

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

メダカのランキングに参加しています。ブログ村もssl対応したようなので2016/11/05日より参加しました。

モバイル環境で閲覧している方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用閲覧メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

このページの先頭へ