レッドチェリーシュリンプ達が餌に集まってきた23

サイト内検索

こんにちわ!レッドチェリーシュリンプ飼育と繁殖日記23、ヒメスイレン日記60です。

今日はレッドチェリーシュリンプ達をよく眺めたい一心から、奥の手を使ってみました。

そうです!水槽の手前角に餌を3粒投入したんです。

そして、大変満足できる結果となり、思う存分レッドチェリーシュリンプ達を観察することができました。

私もここまで反応が良いとは思わなかったので、ビックリしましたが全レッドチェリーシュリンプが集まってきたのです。

今まで餌を与えたことが無かったせいか、見る見るうちにレッドチェリーシュリンプ達が集まってきたので数を数えると12匹いました。

今更なのですが、この「レッドチェリーシュリンプ飼育と繁殖日記」を始めた時、12匹でスタートと書きましたが実はよく数えていませんでした。

charmさんに12匹で注文したので12匹としたのですが、実際には面倒だったので数えなかったのです。(^^;

でも、この餌場に集まってきた12匹は餌を食べるのに必死で動きが無かったので簡単に数えられたわけです。

ある程度水槽の中を探したので、(何匹か隠れている場合もありますが)一応12匹という事で確定します。

たまにはいいかもしれませんが、餌を与えて癖になってもらっても困るので、滅多に出来ない荒業でした。

餌に群がるレッドチェリーシュリンプ

餌3粒に群がってきたレッドチェリーシュリンプ達。

普段は隠れていたりバラバラで数の確認は難しいので、時には餌を与えて確認するのも良いかも知れませんね。

ヒメスイレン日記60

今日も、薄曇りの涼しい天気です。

今日水槽を覗いていると、ミナミヌマエビの5mm強位の稚エビが沢山確認できました。

メダカの捕食を逃れて生き延びた運のいい稚エビ達ですが、まだ捕食されてしまうか微妙な大きさです。

開花をはじめる赤ヒメスイレンの蕾

朝8時:開花をはじめる赤ヒメスイレン9個目の蕾。

黄色ヒメスイレンの蕾

8時:斜めに立ち上がっている黄色ヒメスイレン10個目の蕾。

昨日の時点で咲かなかったため今日も咲かないとは思いますが、いかにも咲きそうに見えます。

この後、水没がはじまったのでこの蕾は摘み取りました。

黄色ヒメスイレンの寄り添う蕾達

8時:黄色ヒメスイレン11個目と12個目の蕾は仲良く寄り添ってました。

新たに水面に顔を出す黄色ヒメスイレンの3個の蕾

8時:水面に顔を出している黄色ヒメスイレン13個目・14個目・15個目の蕾、現在合計6個の蕾が水面にあります。

黄色ヒメスイレン水槽は、とんでもないことになっています。

開花した赤ヒメスイレンの花

9時:開花した赤ヒメスイレン9個目、2日目の花。

赤ヒメスイレンはこの蕾以後に確認できていないので、長く咲いてほしいです。

赤ヒメスイレンの花

10時:黄色ヒメスイレンに変化が無いため、開花した赤ヒメスイレンをもう一度撮影。

この時、下の画像にある物体を発見。

アナカリスの花?謎

10時:白メダカ・赤ヒメスイレン水槽のアナカリスから伸びていた変な物体

赤ヒメスイレンの茎の上にあるように見えますが、その下のアナカリスから伸びていました。

水中にあり、花のようにもみえますが、ちょっと大きく蕾のようでもあり、周囲がダイヤモンドのように光ってます。

開花をはじめた黄色ヒメスイレン達

11時:遅咲きの黄色ヒメスイレン達がやっと開花をはじめました。

アナカリスから出てきた謎の物体

11時:アナカリスの謎の物体!撮影後、そっと水中に手を入れ触ると大きな気泡が浮かび上がり、何かしらの理由で花を大きな気泡が包み込んでダイヤモンドのように光っていたことが判明。

画像で見ると、どう見ても花じゃんと思うかもしれませんが肉眼で見ると、花にしては大きく様々な色を放ち、上面が銀色に見え、得体のしれない物体に見えるんですよ。(実際私も写した画像を見て、これは花だな!と感じました。)

そして、気泡を完全に取り除こうと軽く振ってみると、「あーッ!」ということでプチッと茎から取れてしまいました。

またまた大失敗でした。(^^;

完全に開花した黄色ヒメスイレン2つの花

12時:二つ仲良く咲く黄色ヒメスイレン11個目、3日目の花と12個目、2日目の花。

ヒメスイレン開花記録データをアップしたので参考にしたい人はどうぞ。

レッドチェリーシュリンプ飼育と繁殖日記

メダカ関連コンテンツ

モバイル環境で閲覧している方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用閲覧メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

このページの先頭へ