レッドチェリーシュリンプの雄雌を見分ける4

サイト内検索

こんにちは!レッドチェリーシュリンプ飼育と繁殖日記4、ヒメスイレン日記42です。

今日水槽を見ると、雄の個体らしいレッドチェリーシュリンプが数匹泳ぎ回っていました。

やはり、ミナミヌマエビと同じで頻繁に泳ぎ回るのは雄ですね。

体を観察したところ、同体から尾に向かう部分にクリーム色の卵巣と思える模様が見える雌が多いので抱卵も近そうです。

スポンサーリンク

レッドチェリーシュリンプの雄と雌

見分け方のポイントはミナミヌマエビや他のエビたちと同じです。

  • 頭部と尾の間にクリーム色っぽい色が透けて見えるのが雌。(頭部下の黒い色は関係なく、その下の部分です。)
  • 雌の方がオスよりも一回り大きく尾のカーブが丸みがある。
  • 雄は頭部のヒゲが長い。
  • 雌の方が体色の赤みが強い。

小さい生き物なので、体のクリーム色(卵巣)で判断するのが一番解りやすいと思います。

レッドチェリーシュリンプ雌

レッドチェリーシュリンプの雌の個体です、よく見ると、頭部の後ろに黒い色が見え、その後ろにクリーム色っぽい卵巣が透けて見えています。

一応言っておきますが、わざと見にくい画像を乗せたわけではなく、単に下手なんです。

スポンサーリンク

ヒメスイレン日記42

今日は朝から曇りで昼過ぎから雨という天気で気温は上がっていませんが蒸している感じです。

綺麗な謎の蕾

朝9時:黄色ヒメスイレン謎の蕾は、本当に綺麗で開花してしまうのが惜しいくらいです。

開花をはじめる謎の蕾

11時:開花をはじめる黄色ヒメスイレン謎の蕾。

かなり水没していて、開花しきれないかもしれません。

黄色ヒメスイレン謎の蕾

12時:開花した黄色ヒメスイレン謎の蕾3日目ですが、水没気味です。

本当に頑張って咲いてくれた謎の蕾ですが、お疲れ様と言いたいほど疲れているように見えます。

黄色ヒメスイレン6個目の蕾

黄色ヒメスイレン6個目の蕾は、明日咲くかどうか微妙な感じです。

赤ヒメスイレンの4個の蕾

赤のヒメスイレンが大変なことになっています。

何と、水面に4個の蕾(全ての蕾)が顔を出しています。

明日以降に乱れ咲きとなりそうな予感です。

ヒメスイレン開花記録データをアップしたので参考にしたい人はどうぞ。

スポンサーリンク

レッドチェリーシュリンプ飼育と繁殖日記

メダカ関連コンテンツ

モバイル環境で閲覧している方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用閲覧メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

このページの先頭へ