レッドチェリーシュリンプの水槽と撮影の発見5

サイト内検索

こんにちわ!レッドチェリーシュリンプ飼育と繁殖日記5、ヒメスイレン日記43です。

レッドチェリーシュリンプ達はすっかり水槽になじんできた頃だとおもうので一安心。

到着時の死着もなく、水槽内でも皆無なのでもう安心して良いでしょう。

スポンサーリンク

レッドチェリーシュリンプ達は、気ままにあらゆる場所に張り付いて餌を食べています。

前から見たレッドチェリーシュリンプ水槽

前から見たレッドチェリーシュリンプ水槽の画像、上のまん中あたりのドワーフフロッグピット達が光って飛んでいるのはその上にライトが設置してあるためです。

内部の配置は、左前からマリモ、後ろに岩、中央中程にアナカリス、右前にセットしたてでまだ裸同然のウィローモスとなっています。

上から見たレッドチェリーシュリンプ水槽

上から見たレッドチェリーシュリンプ水槽の画像、AT‐20と水流除けの仕切り、ライトと並んでいます。

改めて、こんな小さな水槽で大繁殖させるのは可愛そうですが、近所の人達にあげるためのヒメダカ水槽が空く予定なので大丈夫でしょう。

里子に出す予定のヒメダカ水槽

これが里子用のヒメダカ水槽で、この中にいるヒメダカ達がいなくなればレッドチェリーシュリンプの繁殖にも使う予定です。

そして、シュリンプは抱卵しても一月猶予があるので、水槽の確保は万全とも言えます。

ヒメダカ水槽の状態は、ベアタンク状態に水作エイトMのカートリッジにサブストを入れたものが3個、そして水面にドワーフフロッグピットを入れています。

注・・・私の記事内でドワーフフロッグピットとドワーフフロッグビットの二つの言葉が混在するのは、両名とも同じように広まっているためで、適当に使いまわしてます。(どちらかというと、ピットが好きかも。)

レッドチェリーシュリンプのベストショット

AT-20の吸い込み口にいたレッドチェリーシュリンプのワンショット!今日まで撮影した中では一番の出来だと自負しています。(^^;

ここで、新たな発見が!ネット検索をしていたところ、接写が上手くいかないのはカメラよりも光源の確保の失敗らしいと書いてあった。

光源が足りないので近くでのピントが合わないらしい。

この事実を知ってしまった私はプロカメラマン以上の実力を持ってしまったかもしれない・・・

ということで、近日中に撮影用ライトの物色をし、必ず接写を成功させたいと思います。

スポンサーリンク

ヒメスイレン日記43

今日は昨日からの雨がやみ朝から曇りの一日となりました。

3日で開花を終えてしまう黄色ヒメスイレンも多い中、謎の蕾が曲がりなりにも4日目の開花をはたしました。

黄色ヒメスイレンの倒れた蕾

朝8時:毎回の事ですが、倒れている黄色ヒメスイレン6個目の蕾。

黄色ヒメスイレン謎の蕾

8時:昨日ほぼ水没していたのに、また浮き上がっている黄色ヒメスイレン4日目の謎の蕾。

開花をはじめる赤ヒメスイレン

8時:開花をはじめた赤ヒメスイレン4個目、初日の花。

やはり、赤ヒメスイレンは咲く時間が早いです。

ほぼ開花した赤ヒメスイレン

9時:ほぼ開花した赤ヒメスイレンの花。

完全に開花した赤ヒメスイレン

10時30分:完全に開花した赤ヒメスイレン4個目、初日の花。

残り3個の蕾も水面に出ているので明日以降が楽しみです。

開花をはじめた黄色ヒメスイレン

11時30分:開花をはじめた黄色ヒメスイレンの花。

こちらは、恒例の遅咲きですね。

頼むから開花時間を安定させてくれ!

完全に開花した黄色ヒメスイレンの花

12時30分:完全に開花した黄色ヒメスイレン6個目、初日の花。

くたくたになりながらも花芯を覗かせる黄色ヒメスイレン謎の蕾

12時30分:くたくたで水没しそうなのに根性で花芯を覗かせる黄色ヒメスイレン謎の蕾4日目の花。

この状態のまま、しぼんで水没してしまい、今日の開花は無しとしなければならないところですが、頑張って咲く心意気をくんで開花したとします。

ヒメスイレン開花記録データをアップしたので参考にしたい人はどうぞ。

スポンサーリンク

レッドチェリーシュリンプ飼育と繁殖日記

メダカ関連コンテンツ

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

メダカのランキングに参加しています。ブログ村もssl対応したようなので2016/11/05日より参加しました。

モバイル環境で閲覧している方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用閲覧メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

このページの先頭へ