小さい容器でメダカが飼いたい

サイト内検索

ペット屋さんやホームセンターで見かけるメダカ用の小さい水槽。

中には、水量1リッターにも満たない物もあります。

小さくて、何とも可愛い容器で、部屋のワンポイントに置きたくなりますよね。

ですが、メダカ飼育には、メダカ一匹に対して水1リットル以上必要・・・

それでも、小さい水槽でもメダカが飼いたい人のために考えてみました。

スポンサーリンク

基本、メダカは丈夫で乱暴な飼育にも耐えられる強さを持った魚です。

そして、日本最小の淡水魚ですので、小さい容器で飼いたくなります。

ここからは、小さな入れ物として、容器と言いますね。

メダカを飼うための基本スペック

  • メダカ一匹に対して必要な水量は1リットル以上
  • メダカは深さよりも、水面面積の広さが大切
  • 水質安定のためのバクテリアの定着場所の確保
  • メダカの健康に十分な光量の確保

以上を踏まえて、小さい容器で飼うための方法を考えましょう。

水量1リッター以下の容器で飼う場合

絶対的に水量が少ないので、本来はメダカ一匹になります。

ですが、メダカ一匹というのは考えにくいので、2匹飼いましょう。

1リッターの水に2匹は多いだろー!という声が聞こえてきそうです。

ですが、やはり、2匹は飼いたいですよね。

少ない水量という事でもう、十分に無理をしています。

ここは、オスメス2匹行っちゃいましょう。

ただし、間口が広めの水槽が良いです。

メダカに必要な酸素は、空気との接地面から水中に溶け込みます。

間口の広い容器で、エアレーションとフィルターは使用せずに、直射日光の当たらない明るい場所での飼育限定ですね。

少ない水量の容器でのエアレーションやフィルターでの循環は、水流が強すぎメダカが弱ってしまうので逆効果になります。

水替えは夏場は毎日、コップ一杯分位入れ替えて下さい。

冬場は、水温10度を切ってきたら水替えは要りません。

餌はほんの少量(30秒位で食べ切ってしまう量)を与えて下さい。

メダカ飼育の失敗のほとんどが、餌の与え過ぎです。

少量でいいので砂利は入れてあげましょう。

最下部のバケツの章必読

スポンサーリンク

水量2リッター以上の容器で飼う場合

2リッターの水量という事で、大威張りでメダカが飼えますね。(^^;

というのは嘘ですが・・・

メダカはオスメスの2匹飼うとして、きちんと砂利を入れ水草も入れましょう。

水深があるならアナカリス、浅い容器ならウィローモスがお勧めです。

水替えと給餌は、1リッター以下の水槽と同じです。

最下部のバケツの章必読

メダカ飼育にバケツという考え方

メダカを飼うのは、どんな容器でも大丈夫という話はよく聞きますよね。

そこで、

100円ショップでもよく売っているプラスチックの10リットルバケツの登場。

これでメダカを飼育しちゃいましょう。

本当は、発泡スチロールの箱やプラスチックのケース等面積のあるものが良いのですが、置き場所が無い場合が多いですよね。

その点、バケツなら取っ手もあるし移動も楽です。

日照時間帯に合わせた移動や自分の都合での移動も楽々!

メダカ飼育容器の設置場所に困っている人には、バケツは持って来いです。

メダカのバケツ飼育で用意するもの

  • バケツ 10リッター容量のプラスチック物がよく安売りされてます。
  • 砂利  大磯砂利一袋(重さ売りなら2K袋、容量売りなら2L袋)
  • 投げ込み式フィルター 400円前後で売ってます。(別途ポンプが必要)
  • 水草 アナカリスが丈夫、無ければマツモ!カボンバは実は難易度高い
  • メダカ 10匹単位の纏め売りの物が安くてお勧め。

これだけのもので、場所も取らずに手軽に飼えます。

メダカバケツ飼育の纏め

ズバリ言います、小型の容器でメダカを飼うのは、コスト的にもメダカ達にも、かなりのリスクがあります。

バケツ飼育と小さい容器の併用なら、メダカ達の飼育がかなり楽になりますよ。

また、水草の管理は、伸びてきたら、ハサミでチョキチョキで良いのですが、その切った部分は、バケツに放り込んでおけば勝手に増殖してくれますよ。

*金魚藻系やウィローモスの場合は一度買えば再購入要らずです。

スポンサーリンク

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

メダカのランキングに参加しています。ブログ村もssl対応したようなので2016/11/05日より参加しました。

モバイル環境で閲覧している方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用閲覧メニュー

人気記事ランキング

お勧め商品ランキング

SNSページ

このブログのFacebookページとGoogle+ページです!ブログ共々よろしくお願いします。

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

このページの先頭へ