メダカを冬眠させる環境

サイト内検索

メダカは冬眠をする生き物です。

自然界では冬眠をするのですが、室内で飼育しているメダカは通常冬眠しないので知らない人も多いかもしれませんね。

屋外水槽の場合は冬眠するはずなのですが、冬になっても少し水温が上がったりすると泳ぎ回ってたりしますよね。

その原因は飼育環境にあります。

メダカが冬眠できる環境ができていないと、ちょっとした水温の変化等で活動してしまうのです。

メダカの冬眠

変温動物であるメダカは自分の体温と言うものがなく水温によって体温も変化します。

水温が下がると、体温も下がるため運動機能が停滞し動きが鈍くなってきます。

水温が5度くらいまで下がると活動を停止します。

そのため、自然界ではメダカは土の中に潜り冬眠することで体が動くようになる春を待ちます。

室内の水槽等では、水温がそこまで下がらないため、メダカは冬眠をしないのです。

屋外水槽の場合、メダカが冬眠できる環境を整えてあげれば殆どの地域で冬眠すると思われます。

メダカの冬眠と環境

メダカが冬眠するためには、安全な隠れ場所が必要です。

底砂が土であれば、メダカは土に潜って冬眠できますが、砂利等の場合、メダカが冬眠のために身を隠す場所が必要になります。

メダカにはマブタはないので、目に光が入ると旨く冬眠できません。

私のメダカ水槽の場合は大磯砂利なので秋に落ち葉をある程度入れてやることで、落ち葉の下に隠れて冬眠してくれます。

落ち葉から尾ヒレだけ見えていて、和やかな気分にさせられたこともありました。

観賞用ニホンメダカ専門店大分めだか日和

メダカが冬眠に適した場所

  • 騒がしくなく静かな場所
  • 水温の変動が少ない場所
  • 直射日光の当たらない場所

メダカが冬眠に適した水槽

  • 底に土がひいてある水槽
  • 落ち葉等の隠れられるものが入っている水槽
  • 水温の変化が少ない水量の十分な水槽

まとめ

メダカを冬眠させることの利点は冬の間世話をしなくていいということです。

水の量は時々確認して足してやる必要がありますが、それ以外をサボることが出来るのです。

幸いにして、冬眠の季節は落葉の季節のあとに来るのですから、落ち葉を何枚か拾って水槽に入れておくことで昼間になるとメダカが水面に出てくるので思わず餌を与えてしまう等の心配もなくなりますよ。

メダカ関連コンテンツ

モバイル環境で閲覧している方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用閲覧メニュー

人気記事ランキング

2 Responses to “メダカを冬眠させる環境”

  1. ももちゃん より:

    屋外越冬のための十分な水量とはどれくらいですか。20Lくらいのプラケースでは、少なすぎますか。

    • yuki より:

      ももちゃんさん、こんにちわ。

      20Lの容量よりも、プラケースが問題な気がします。

      メダカの冬眠には、メダカに直接光が届かないようにすることと温度変化が少ないことが大切なのでプラケースの場合、周囲をしっかり覆う等の処理が必要だと思います。

      望ましいのは、睡蓮鉢のような陶器や発泡スチロール容器のように上面以外は外気の影響を受けにくい物がおすすめです。

      そして、直射日光があまり当たらないようにしていれば、水量自体は問題ないとおもいます。
      *水量の管理はお忘れなく!

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

このページの先頭へ